fc2ブログ

人には添うてみよ、ハンドホールは開けてみよ

 忙しさにかまけているうちにブログを忘れていました。 開業した弟が記事にしたら?と言ってたので、言うことを聞きます(笑)。
 親子で電気管理技術者をしているところはチラホラ見られますが、兄弟でやってるのは東北電気管理技術者協会では、我々だけのようなので、仲良く行こうと思います。

 さて、今回も大した話ではありません。
 波及事故の原因の上位に挙げられる高圧引込ケーブルですが、
          関東_平成29年度電気主任技術者セミナー資料_抜粋
 水に浸かっていると悪影響があります。

 ハンドホールがあったら、たまには開けてみることをお薦めします。
 開けてみると、
          3/10 作業前
 このように水が溜まっている確率が高いです。
 ここは2年前にも排水し、 電気工事業者さんが配管の防水をしたのですが、しばらくすると浸水していたので改修を要請していました。


 で、準備を整えて作業開始です。 まずは水中ポンプで出来るだけ排水します。 
     水中ポンプ頑張れ


 水中ポンプで排水出来なくなったら、掃除機で吸い取り、更にウェスで拭き取りますが結構大変な作業です。
                             掃除機(弟も)頑張れ


 一通りきれいにして、経過観察です。 予想としては、建物側の配管周りと枡のコンクリとの間から地下水が入ってくるように思います。 
     きれいになった


 まずは翌日24時間後、変化ありません。 雨は降りませんでした。
                             3/11 翌日


 久しぶりに少し強い雨が降ったので、その翌日に見に行きました。
     3/23 雨が降った翌日
 ちょっと水が溜まってますね。


 この翌日はPASとケーブルを交換だったので、ケーブル交換後に電気工事業者さんが吟味して防水対策してました。
                             ケーブル交換後


 新年度も受託することになったので、引き続きウォッチしていこうと思います。

スポンサーサイト



改正FIT法の研修会

 しばらく放置していましたが、また勉強会の幹事をしました。

 今回は四県境臨時研修会として、改正FIT法について東京電気管理技術者協会の技術安全委員長
だった鈎裕之氏を講師にお迎えし、わざわざ大船渡まで来ていただきました。

                   290427_3

 内容は割愛するとして、一言で言うと「太陽光は大変! 引き受けたくない!」と感じました。
 私と弟の連名カレンダーには「太陽光発電所の保安管理」と書いてますが、あれはウソです(笑)。 来年のカレンダーでは削除しておきます。
 それにしても、ひどい工事が多いためか、かなり厳しくなりましたね。旧法で認定された発電設備まで遡及して、改善を求められるため、多大な費用が掛かり、対応に困るところも出そうです。
 太陽光の受託が1件も無くて、良かった(笑)。

 平成25年3月に品川区のきゅりあんで東京協会の技術研究発表会があり、技術安全委員長だった鈎氏のお話を聞きましたが、今日もたっぷり2時間以上の内容、写真、オフレコ話と中身の濃い研修会でした。
 鈎さん、遠路はるばる有り難うございました。 正直、東北では聞けない話だったので、参加した皆さんも大いに満足されたと思います。

平成28年度定期研修会in宮城

 この時期は毎年恒例、○○省関係の仕事で平日は年次点検業務が続くのですが、合間を縫って、当協会の定期研修会に出席してきました。

 会場は秋保の緑水亭。
                緑水亭の雰囲気
 泊まりなら良かったのですが、翌日もその年次点検があったので、残念ながら日帰りです。
 今回は宮城山形の会員向けなのでアウェイでしたが、お付き合いのある方々も来てて、久しぶりにご挨拶出来ました。 144名の出席があったそうで、けっこう出席率も高いですね。

 東北電力さん、ユアテックさんの講演写真は撮り忘れましたが、中身が濃い研修会でした。
 研修委員お二方の発表に続き、今年から技術安全委員からも発表していただくことになったそうで、いつもお世話になっているOさんが技術安全委員会を代表して、事故を未然に防いだ活動内容を発表していました。
 Oさんの事故未然活動の10日ほど後に、全く別のところで同様の状況で作業員が感電した事故が起きたので、非常に適切な対応だったと感じ入りました。 いつも冗談を言ってる方ですが、仕事ぶりはさすがです。

 締めは研修委員長の解説で、過去の災害事例かについてあらためて解説し、安全確保のため基本を厳守するよう会員に意識付けされていました。

    技術安全委員発表    研修委員長解説

 技術と安全の両面について、定期的に意識するのは大事ですね。

 

四県県境臨時研修会


 秋田・岩手・宮城・山形・四県・県境協議会は、通常、11月頃に情報交換、メンバーの交流を兼ねた忘年会なことをしていますが、今回は8月に私が胴元になって、臨時研修会&暑気払い懇親会を開催しました。
 ※四県協については、過去記事を参照のこと

 今回は、四県とは言いつつ、新潟県支部から特別講師をお願いしました。
 そのせいか、参加者は新旧の理事(委員会委員長2名、支部長3名ほか)や各県支部役員も多く、新潟県支部の取り組みなど、支部や協会の運営に非常に役立つ話が聞けました。

 私は前座として、支部では普段出ない話をやりましたが、あまり反応がありませんでした。 テーマに関心を持たれなかったか、厳しいことを言い過ぎたか、そもそも発表に慣れてないしで、失敗くさい前座でした。 黒歴史として封印します。

 前座に続いて、大先輩が演壇に立ち、災害時の対応、出てきた問題点などについて取り上げました。

   中座さん


 この日のトリは、大看板の新潟からの特別講師です。
                     
   この中に私が!

 新潟県支部の組織、研修体制などの紹介の後、電力会社配電課勤務の経験から、配電線、保護協調など普段聞けない情報が惜しみなく披露され、非常に濃い時間でした。
 下手な前座はやめて、大看板にたっぷりやってもらえば良かった、と反省しております。

 懇親会、二次会も大いに盛り上がり、またの再会を約束し、翌朝、お土産のワカメとコンブを持ってそれぞれ家路につきましたとさ。

保安教育の出前

 今日は受託先、といっても選任の電気主任技術者様がいる事業場で、安全衛生会議の後で一席やってくれとお座敷が掛かったので、初の「保安教育_出前編」をやってきました。
 
 人前で話すのは大の苦手なので、正直気が進みませんでしたが、去年より今年とスパイラル状に進歩発展するため、チャレンジしてみました。 つっかえながらでも一通り出来れば、自信になると考えました。

 今回は、○○社の他、関係会社の一般社員が対象と伺って、構成を考えてきましたが、いきなり予想外だったのが美人事務員さん2人が話を聞きたいと入ってきたことで、心拍数が上がりました(笑)。
                  P7214506.jpg

 電気主任技術者様から紹介された後、30分程度、下記のような内容を説明し、残り30分はDVDを上映しました。
 
                    ブログ用タイトル目次

 安全衛生会議の後ということで、事故例から始まり、漏電、感電、事故防止、特別教育の話などをしました。 偉い方も聞いていたので、設置者や連絡責任者向けの内容も少し触れ、不具合や指摘事項があったら、お金が掛かることもありますが、出来るだけ設備の改修はして下さい、とお願いもしました。
 また、点検に伺った際に問診をしている理由を説明し、訪問したときだけでは十分に設備に目が行き届かないので、日頃使用している皆様も日常点検をお願いします、とあらためてお伝えしました。
 
 その他、パワーポイントの発表者側ノートにはいろいろネタを用意しておいたのですが、目に入ってるはずなのに頭が十分に回らず、全部話せませんでした。 やっぱり発表の練習をしないと難しいものだと思いました。 エアで練習しただけでは不十分だったようです。

 DVDの後、質疑応答になりましたが、コンセントやテーブルタップの話、ショートしたコードを素人工事で修理した等の話が出たので、そういう内容の方が良かったんだ!と勉強になりました。

 そうは言っても、次回をやるかどうか判りませんが、良い経験になった一日でした。
 ○○社の皆さん、有難うございました。 次からは「先生」と呼んでも良くってよ(笑)

プロフィール

細川電気管理事務所

Author:細川電気管理事務所
細川電気管理事務所ブログ、
略して細電ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード